半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』

半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』

最近では数人にひとりはガンになる時代といわれ、恐怖を感じています・・・ (女性 28歳)

最近では数人にひとりはガンになる時代といわれ、恐怖を感じています。日本の女性のガンでの死亡率が一番高いのは、大腸ガンということも聞いたことがあります。大腸ガンになると、おなかや腰が痛み、生活するのも大変になります。
できるだけそんな恐ろしい病気にならないよう、普段から気を付けていることがあります。テレビ番組で紹介されていて、そのテレビ番組を見てからずっと半信半疑で実践しているのですが、まず一番重要なのは、規則正しい生活をするという事のようです。

バランスの良い食事や、適度な運動がよいといっていたので、できるだけ実践しています。特に食生活は大腸ガンの原因になりやすいようで、食物繊維を多くとると大腸ガン予防につながるということで、野菜をたくさんとるようにしています。
このガン予防を始めてから数年経ちますが、今のところガンや大きな病気にはなっていません。本当にこれがガン予防になるのかはよくわかりませんが、将来のことを考えてこれからも続けていきたいと思っています。

日本人はガンになる人が多いと聞きます・・・ (女性 44歳)

日本人はガンになる人が多いと聞きます。周りにもガンになった人が何人も居るので、特定の人が罹る病気ではなく、誰でもガンになる可能性があると捉えています。健康な今は、出来るだけガンになりにくいとされることを実践して、いつまでも健康で長生きを目指しています。
主なガン予防策としては、飲酒や喫煙を控える、太りすぎや運動不足に注意する、ストレスを溜め込まないです。
中でもストレスは目に見えないものなので、本当にガン予防対策になるのかと半信半疑ではあります。それでも悩みを抱え込んでいるより、明るく笑って過ごす方が免疫力も高まるので、ストレス回避は自分の中の大切なガン予防です。

最近はブロッコリーやきのこ類がガン予防に良いと聞き、積極的に食べるようにしています。こちらも効果が目に見えるわけではないので、半信半疑です。

しかし、野菜を食べると、身体に良いモノを食べていると満足感が生まれます。この満足感がガン予防の大きな鍵を握ると思えるので、これからも続けていくつもりです。

注目の情報

Copyright 2016 半信半疑でもなんとなく続けている『ガン予防策』 All Rights Reserved.